baby の部屋


結婚後2年半で妊娠→たった8週で係留流産、
その2年後の2005年10月、とうとう妊娠が確実となりました。(今のところ・・・)
年齢、夫婦ともの不妊症、2年前の経験から 笑われるほどに慎重にすごしております



妊娠後期 〜8ヶ月から出産まで〜


2006年

28週目(4/7〜)
4月11日に28週の定期健診に行きました。
体重;5.5キロ+
子宮底長;28センチ
血圧;110/60
赤子の心拍数;134
全て理想的です(助産師さんによると)。
胎動を下のほうに激しく感じるので もしかして逆子?と聞いたら 助産師さんが触診してくれましたが
「うん、それっぽいわね」とのことでした。32週までまだ逆子だったら医師に会います。
お腹が大きいので もしかして巨大児になる?などと心配していますが どうして赤子が大きいと
それほどまでに難産になる、といわれているのかしら?
赤子が育ったと言っても 頭の大きさってそんなに変わるもんじゃないでしょう?
それともいくら赤子が頭でっかちと言ってもそのほかのところの方が大きくなっちゃって産みづらくなるってこと?
まぁ、考えてもしょうがないので気楽にしていよう。
妊娠初期に痛いな、と思っていた尾てい骨がまた痛み始めています。

29週目 (4/14〜)
重いです!!もう、本当にお腹がデカイよ!!!
どうしてこれだけお腹がでかくて自分でも体が重い・・・と思っているのに体重はそれほどの違いがでないのでしょう?
体重計が壊れてるとか・・・?
先週の血液検査から1週間経っても病院から何の連絡もこなかったので血糖値は正常だったらしいです。
今の時期、糖分を赤子にとられるので 甘いものが欲しくなるらしいのですが 全く持ってそのとおり。
イースターのチョコレートを夫がお店から持ち帰り、いけない・いけないと思いつつもかなり大き目の
うさちゃんのチョコレートを1人で食べてしまいました。次の1週間で糖分をおさえよう。
ベビー服の水通しをして 入院準備も整いつつあります・・・が、まだまだ先の話ですね。
あと2ヵ月で正期産と呼ばれる時期に入り、2ヶ月半で出産予定日。先が長いようなもうすぐなような・・・。

30週目 (4/21〜)
ふぅ〜。お腹が大きくて重くて腰と尾てい骨が痛みます。そして疲れやすく、いつでも眠いです。
お腹が相当大きいのでいつ妊娠線が出るか・・・?とはらはらしてしまいます。
ここまでは多分、普通なのでしょうが 生理現象というにはあまりにも強く、頻繁にお腹が張ります。
座り仕事?だからかなぁ。土曜日以外は1日に4〜5人、という少人数に抑えているのに(補講を含めても)
1時間レッスンを終えてみると お腹が張っていることに気がつきます。で、次の子までに空き時間が
15分しかないので横になるわけにも行かず、お腹が張ったまま次の子のレッスンをしますが レッスン中は
お腹の張りにもあまり気がつかないので知らない間におさまってはいるのでしょう。
このごろでは 生徒を叱り付けていると余計にお腹が張ることがわかりました。ストレスなのかな。
(っていうか、叱られる生徒のほうがストレス?)
ダイエットと体力つくりのために始めた 踏み台昇降は転ぶといけない、と思ってお風呂場のタオルかけ
を手すり代わりに使っていたのですが それのせいで多少歪んだ体勢で足踏みをしていたのか
左側だけが痛い、という偏頭痛ならぬ 偏腰痛になってしまいました。ちょっとダイエットはおやすみ。
体重は変わらず妊娠前より5.5キロ増。便秘が治れば 5キロ増以下かもしれません。
最近、オペラがお腹を壊していたのですが その後からとくによくおしゃべり(文句言い)をするように
なりました。いつも「ひーん、ひーん」、「ふーん、ふーん」と何か話しかけてきます。
いつも わかってあげられなくてごめんよ。

31週目(4/28〜)
そりゃないゼ・・・な酷い仕打ち。
痔、カムバックです!!!!!!!!!
なんと発表会の前日から痛くなり、発表会の日、その次の疲れている日にとても痛い思いをしました。
わたくしが一体何をしたと言うのっ??
今週は赤子が駄々っ子で 胎動が激しい上に イヤらしいほどに痛いところを突いてくるので睡眠不足です。
横で夫がぐうぐう寝ているのまで頭にくる!
赤子が動いて向きが変わるたびに 自分も寝返り打ったほうが楽かな、と思ってごろごろしているので
そのたびに起こされてしまうオペラが ぶうぶう文句を言います(でもまたすぐ眠れるらしい)。
あとは見た目はお腹が上に上がってきている感じはないのに 心臓が圧迫されて動悸が速くなることがあります。
全体的に さらに重くて居心地が悪い感じが続いています。お腹の張りも頻繁な上に相当痛く、
時にはまっすぐ立っていられないほどです(気のせいか ご飯を作るときが1番痛い・・・気のせいだ)。
体重は変わらず5.5キロ増をさすこともありますが、でも大抵の場合は6キロ増まで増えたかな・・・。
むくみがかなりあるのでしょうか、朝、起きたときに手をグーにできません。指の関節が痛い、という
妊娠に関係あるのかないのかよくわからない症状が出てきました。ピアノの練習はしないほうがいいのかなぁ?

32週目 (5/5〜)
さて、なんともう9ヶ月目に入りました。
体重;6.0キロ+
子宮底長;32センチ
血圧;100/60
赤子の心拍数;150
32週で子宮底長32センチ、お手本のような妊婦、とまた太鼓判を押されました
(注;日本の平均数値からいうとこのお腹はちょっと大きすぎるようです)。
体重も5.5キロ増のまま、ただし お腹は集中的に重くなっているので背中〜肩が相当凝ります。
血圧は生まれてこの方、高くなったことはありませんが 妊娠期間も無事に低血圧のまま乗り切れそうです。
相変わらずよく動き回る活発な赤子ですが キックの場所から想像するに 1番いやぁな横位にあるのでは?
と思い、助産師さんに確かめてみると 頭がこの辺よ、と左胸の下あたりを指されました。
ナナメですか?殿位のような横位のような・・・なんとハンパな。胎児のくせに世の中斜に構えて眺めているのか?
逆子=反抗的、激しすぎる胎動=家庭内暴力、って感じです。もうすでにツッパリ(死語)になる土台ができている!
あと、つわりのような胃のムカつきが酷いです。歯磨き粉みたいな味のトローチ様のお薬をもらいました。
当然、胃のムカつきを和らげる、という薬ですがあまりのまずさに口に入れると それだけでオエー!!
先週、やっと自覚が出てきた 指の痛みですが 調べてみるとバネ指と呼ばれる腱鞘炎にかかったようです。
そういえば 4月中旬から痛いかもな?くらいには思っていたのでした。だって先生にも相談したことを覚えているもの。
30年間ピアノを弾いてきて、学生のころでさえ、さらに手首でさえなったことのない腱鞘炎が指に!!!
もう、痔なんぞどんと来い!腱鞘炎に比べたら蚊に刺されたようなもんだ、と本気で思います。
お尻が痛いくらいのことで泣き言を言っていた先週が夢のよう・・・。
要するに 全般的に大変に居心地が悪いです。

33週目 (5/12〜)
バネ指が深刻な悩みとなりました。
ピアノ禁止令、家事はできるだけサボりましょう令がフィジオセラピストから出ました。
好きなだけ練習できる生徒たちが心底羨ましいです。いいなぁ、ピアノが弾ける人・・・。
オーストラリアの妊娠の本に「33週目が今までで1番急激な体重増過の週となる」とあったとおり、6キロ増になりました。
お腹が大きく、重く、毎日腰〜背中〜肩のマッサージが必要です。
お小遣いを渡すと機嫌よくマッサージしてくれるので 夫には20〜30分くらいにつき10ドルのお礼をしています。
たまに「いいよ、お金なんて」と言いますが そのときは「悪いと思うんなら そのお金を貯金しておいて
わたくしの誕生日プレゼント資金にでもしてよ」といってあります。どうせ使っちゃうんだろうけど。
あとは胃を押し上げているのか 食事の量をかなり減らさないと すぐに気持悪くなって つわりのときでさえ
吐きはしなかったのに 今では吐かずには眠れないほどです(横になると余計に吐きそうになるから)。
あと動悸が激しくなり ぜえぜえと息が上がることもしばしばです。
胎動を一時にいろいろなところで感じるので まさかこの赤子は大の字で寝ているのでは?と疑ってしまいます。
1番気持悪いのは 左下腹に感じるもの。つぎは膀胱付近。あとは胃の周りにあたるのかお腹の上のほうです。
なんでこんなに広範囲にわたって一度に動けるのかしら。普通、赤子って手足を縮めて一箇所にまとめているんじゃないの?
まさか、2人居るってことはないよね?

34週目 (5/19〜)
体重;5.5キロ+
子宮底長;34センチ
血圧;110/60
赤子の心拍数;126
やったぁ!おめでとう!!逆子が直っていました。
先週、6キロ増に増えた、と思っていた体重ですが今週は元の5.5キロ増に戻って落ち着いています。
なんとなく排尿時に気持悪く思うことがあったような気がしたので 検査をしてもらったのですが問題はなく安心しました。
胎動もまだまだよく感じ、せまいだろうに赤子は結構アクティブにすごしているようです。
赤子がヘッドダウンになっておちついたからか 胃の圧迫感が減ってあまり気持悪くもならないし、
ちょっと動悸が速くなるくらいのことはまぁ普通らしいし、当然重いお腹のせいで背中は凝りますが仕方がありません。
要するに大変に母子ともに健康で 何の問題もない様子。
問題はバネ指だけです。まぁ、これが1番大変ですが・・・。
次の検診は2週間後の36週目です。この後は毎週の検診になる予定ですが もし36週での検診のときに
何も問題がなかったら37週検診は飛ばしてしまうかもしれません。
助産師さんが大忙しで予約がとれないのです(笑)。あぁ、どこまでもいい加減なオーストラリア。

35週目 (5/26〜)
気持悪いなりに食欲はあります。体重が6キロ増〜7キロ増の間をうろうろしています。
つわりではないのに 食べつわりみたいな感じでご飯が無性に食べたいです。それも卵かけご飯、ご飯+お海苔、
ふりかけだけ、たくあんだけ、お茶漬け・・・などいかにも「太るだけのためのご飯」で栄養価は低いものです。
どうしちゃったんだろう?
お腹は日本人にあるまじきデカさを誇って?います。
子宮底長が先週の検診で34センチ、というのも驚きですが 腹囲がなんと103センチもありました。
1メートル以上ですよ!!日本人の妊婦さんでこんなにお腹が大きい人が居るもんでしょうか?(居ないでしょう)
本当に自然分娩できるのか不安になってきました。助産師さんは何の心配もしていないようですが。
脛を押したらへこんだまま戻ってこない・・・などという強烈なものはないのですが 手足のむくみが激しく、
ことに手がむくんでいるときはグーもできません。さらに右手の薬指にもバネ指の症状がみられるときがあります。
フィジオセラピストは超音波マッサージだけでは全く改善をみないわたくしの腱鞘炎(バネ指)にかなりの
危機感を抱いているらしく 産後2週間で症状が治らなかったらスペシャリスト(療法士ではなく医師)に会って
手術を受けることになるでしょう、と言っていました。これは大変に困ったぞ。
あとはいつでも手足がだるく マラソンをした3日後くらいの痛み・疲れ・だるさに常時悩まされています。
上半身が重いから疲れるのかなぁ、それともむくんでいるからかなぁ。まぁ、これはどうってことのない痛みです。

36週目 (6/2〜)
臨月です。
体重;7.0キロ+
子宮底長;35センチ
血圧;115/60
赤子の心拍数;145
うちの赤子は まだ胎児の癖にいやに律儀で 毎週金曜日の朝に著しく成長をします。
「今日から○週か。よし、もう一回り大きくなってやろうかな」
という感じ?
と、云うわけで 臨月に入ってまたもや 突然大きくなり、疲れやすくなりました。
あまりにもお腹が大きいので助産師さんに「本当にこんなに大きくて大丈夫?」と聞いてしまいました。
触診で赤子を触っている助産師さんによると それほど大きくはないそうですがわたくしは日本人ですし・・・。
その後で測ってくれた子宮底長はもしかしたらサバをよんでくれたのかも?という数値です。
臨月に入っての変化で1番顕著だったのはむくみが酷くなり、脚がだるくて眠れないほどになったこと、
そのむくみのせいでバネ指も酷くなったこと。
お腹が大きいのは相変わらずですが さらに大きくなり、足の付け根がつっぱる感じがします。
あとはお腹の張りを感じるとき、もはや張りだけではなく 痛みを伴うことも今までとの違いがはっきりしているかな。
つわりっぽい症状もまだあります。お腹がすいたら気持悪くなる、という形態ではないですが 胃酸過多っぽいです。
ただ、体が辛いのは事実なのですが ほぼあきらめていた妊娠→出産なので どんな瞬間でも楽しんでいたい
という気持の方が強く、普通だったら不安に感じるようなことでも 「どうなるのかな?」とワクワク心待ちにしています。
お産の始まりは おしるし?破水?陣痛?、とか陣痛って相当痛いらしいけど どこまで痛いんだろう?、とか
どんな格好で分娩しようかな?とか、いろいろ想像しては楽しんでいます。我ながら楽天的です。

37週目 (6/9〜)
もう、いつでも産まれていいよ〜、という正期産に入りました。
体重;6.0キロ+
子宮底長;38センチ
血圧;100/60
赤子の心拍数;125
やっぱり!絶対に先週の子宮底長「35センチ」はサバを読んでくれたんだね・・・って感じです。
計測したのは37週と6日だったので確かにほとんど38週検診だったんですけど それにしても大きいお腹!
体重が減ったのは バネ指が酷くなり、水道の開け閉めさえ大変になって晩御飯をつくるのをサボり、
夫がちっとも気を利かせてくれなかったので 放っておかれて餓えたためです。
生理痛っぽい痛さがあるのですが ちっともコンスタントではなく ちょっと痛くなって 知らない間に痛みがひいている
と云う感じで、前駆陣痛ともまだ呼べないものかな?
フィジオセラピストがホリデーに行ってしまったので今週は超音波マッサージがありません。
全然効いてないように見えたけど 今週はすっごく指が痛いのであの超音波マッサージなるものの偉大さを
思い知りました。単にむくみが酷くなったから 痛みも増したのかもしれませんが。
もう、どうせここまで痛いのなら ピアノを弾いちゃったって同じじゃないか?なんて乱暴なことも考えています。

38週 (6/16〜)
体重;8.0キロ+
子宮底長;38センチ
血圧;106/60
赤子の心拍数;130
なんと、この期に及んで・・・風邪を引きました。しかも相当酷いです。
普段のわたくしの風邪は鼻がぐずぐずして詰まって気持悪いなー、鼻炎用の薬飲んで早く寝よう・・・
というだけで風邪にまで発展せずに終わるのですが 今回はのどからきてすぐに熱が出て、熱が下がってからも
のどの痛みがつづき 乾いた咳が止まりません。咳をするたびにお腹が張るのであちこち痛くて大変!!
のど、背中、発熱後なので関節、その他に咳をするので腹筋も筋肉痛だし 多分赤子もぎゅうぎゅう締め付けられて
苦しいのでしょう、ばたばた暴れるのでお腹が気持悪いし いつもの風邪の何倍もしんどいです。
咳のせいで腹圧がかかりお産が早まる・・・なんてことにならないのかなぁ。

39週 (6/23〜)
体重;7.5キロ+
子宮底長;37センチ
血圧;115/60
赤子の心拍数;125
突然ものすごく熱狂的に「ダイエットしたい」「キレイになりたい」「おしゃれしたい」ようになっちゃいました。
お腹が大きい時期が長すぎますよ、ヒト科ヒトの妊娠って。
母乳がよく出るか?などの問題があると きっと厳しいダイエットはできないのでしょうけど お腹の引き締めは
きちんとし、帝王切開にならなければ腹筋運動も早めにはじめ、食べすぎには注意し(母が来てくれるので
ご飯を食べ過ぎる可能性大)、おやつは和菓子だけにする。
キレイっていっても顔の造作はどうせかわらないのですが いつも髪の毛を振り乱してすっぴんでいないように
気をつけ(と言ってもいつもほとんどお化粧なんてしていませんが)、せめて眉毛の手入れくらい気をつけよう。
髪の毛も妊娠中にぱさぱさになったところを切りに行って 薬品がいけないかと思い、避けていたカラーもしてもらう。
おしゃれは 授乳がしやすい服ではないといけないので 制限はありますが、できるだけ
「かわいいママ」に近づけるようにがんばろう(年齢的・容貌的・性格的に厳しいけどね・・・)。
と、こんなオメデタイことばかり考えていますが 風邪は完治していません。
この咽の炎症をかかえたままお産になって 痛みに我を忘れて叫んだりしたら さらにのどを痛めそうだなぁ。
来週の検診までに生まれなければ次回は助産師クリニックに来ないで ドクタークリニックに行って陣痛促進剤を使って
予定日をあまり超過せずに産むように相談してみてはどう?みたいなことを打診されました。
やっぱり赤子が大きめだなぁ、と思われているのかしら。それとも風邪ごときでも胎盤の力が減退してしまうとか?

home top




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー